スコッティの憂鬱・チンチラの退屈

アクセスカウンタ

zoom RSS 犬のてんかん

<<   作成日時 : 2009/10/13 19:55   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

最近 愛犬のチャコルを抱いて散歩に出て、道路に降ろした時に横方向に歩いて行きます。
あきらかに直進ではなく横に移動します。
その後、頭をぐるぐると数回振ると何も無かった様に真っ直ぐ歩き始めます。

去年 てんかんを発症してフェノバールの投薬を始めて1年が過ぎた所ですが、発作の前兆では無いかと不安になります。 何も無ければ良いのですが…(1年間何も無かったので)

去年(平成20年)の9月に大きな「てんかん」を起こして、群発性の発作が休む間も無く起こり始めた為 
入院→MRI検査→投薬治療をして、やっと薬の副作用にも慣れて落ち着いたのに… 心配です(;_;)

画像


去年の大きな発作前にも、時々真っ直ぐ歩かない事や、歩幅が合わなくなって転んだり、前足が萎縮する様な事は半年に一回くらい出ていて、病院で毎回大がかりな検査をしましたが「異常は見つかりませんでした」
きっと、これらは「スコッチ痙攣」だった様な気がします。

「黒犬がゆく」さんのサイトで見つけました ↓ ありがとうございますm(_ _)m  http://camiyan.blog27.fc2.com/blog-entry-360.html

でも、去年の9月は様子が違いました。
四肢をバタバタさせて転倒し、舌は出したまま口をガクガクさせて舌を噛み、目はうつろで失禁し、死んでしまうのでは無いかと思われる様子でした(抱えてオロオロするしか出来ませんでした)
発作の感覚も12時間置き位から、回数を重ねる度に短くなり、3時間置き位になり、状態も酷く、時間も長くなって行きました。
発作と発作の合間も、呼んでも反応しないトランス状態が続き、どうにもならなくなってしまいました。

何とか朝までこの状態を見守り、朝一病院で注射をしてもらい、そのまま入院→投薬治療を開始しました。
(この時助けて頂いたのが↓「あさひの動物病院」さんですm(_ _)m)
  http://www.asahi-no.com/

「てんかん」は原因を突き止めれば直るかも知れないと言う期待に病院を探し、てんかん専門外来のある「愛甲石田動物病院」さんでMRIを撮りました(コチラの病院は犬のてんかんやヘルニアの専門外来があるんですよ)  http://www.aikouishida-ah.com/

結局、MRIからも先天性の可能性が高いと言う事で投薬治療を継続する事になりましたが、大切なワンちゃんなので治る可能性は最後まで諦めたくないですよね?

助けて頂いた病院の先生達には お世話になりました。ありがとうございます

最近の横に歩くのが何も無い事を願っている今日この頃です。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。突然のコメント失礼致します。
愛甲石田動物病院さんに行かれたと言うのが気になりまして…どうでしたか?いろいろ教えて下さいませんか?
てんかん、脳神経外科ですごくヒットしたので気になってました。
都内に住んでるので、かかりつけの先生も私のお友達もみんな知らなくって情報がなく困ってました。
と言うのも、飼っている犬種は違いますが
うちの子(Mダックス)も先週末、初めて身体が硬直する発作を起こし、2日続けて硬直する発作を起こしました。
両日とも病院に駆け込み、てんかんを持っているお友達にも紹介してもらい違う病院にも行ってみましたが、血液検査、心電図の検査は異常はなく、先生からは6才なので頭の中で異常が起きてる(突発性てんかん、脳腫瘍、脳梗塞など)可能性があると言われました。
まだMRIの検査はまだです(今病院を探している最中で)
フェノバールを今飲んでて3日間発作は起きてませんが、毎日不安で…飼い主様の不安がとても分かります…ワンちゃんが早く元気になりますように祈ってます。
私のブログです。よかったら覗いてください。
http://lucista.jugem.jp/

SATO
2009/10/14 23:49
SATOさん

コメントありがとうございます
SATOさんのブログにてお返事させて頂きました

今のお気持ち大変良く解ります。
病院の先生とも、仕方が無いとも思うのですが温度差が出来てしまいますよね?(救急車でも呼びたいし、不安を何とかして!って思いますから…)

まずは原因を調べないとですね?
それから治療を考えるのですが、大きな問題が無い事を祈っております
PLCソフト屋
2009/10/15 10:46

コメントする help

ニックネーム
本 文

リンク

犬のてんかん スコッティの憂鬱・チンチラの退屈/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる